副作用について|ED治療薬のレビトラジェネリックでガツンと治す

副作用について

青色と白色のカプセル

レビトラやレビトラのジェネリック医薬品は見た目や薬の名前は違いますが、得られる効果についてはほとんど同じです。また、起こりうる副作用も同じなのでレビトラを使用したことがあるという方は、同じような症状がみられるでしょう。

レビトラというのはED治療薬の中でも即効性がありますので副作用が現れやすいという傾向にあります。症状には個人差がありますが、主な副作用としては、頭痛、胃痛、ほてり、動悸などとなります。
レビトラなどのED治療薬の副作用は、基本的に軽度となりますので我慢できないほど強い症状が出ることはありません。しかし、どうしても体調がすぐれないといった場合には無理することなく医師へ相談をするようにしましょう。

また、副作用を抑える対策もあります。例えば、レビトラジェネリックを服用して頭痛がするといった場合には市販の鎮痛剤を服用すれば症状が緩和されます。胃痛がする場合や胃が弱い場合には胃薬を服用すると症状が緩和されます。よって、レビトラジェネリックを通販で購入する際に鎮痛剤や胃薬を同時に頼むと良いでしょう。

ただ、ED治療薬の副作用と効果というのは比例しています。そのため、高い効果を得たい場合には副作用がつきものです。
副作用の症状が現れてきたな…と自分で感じてきたら、それはED治療薬の効果が現れてきたという証拠でもあります。

日本人は体格が小さいので、少量のED治療薬でも十分な効果が得られます。そのため、レビトラジェネリックを試すといった場合には少量ずつ服用してみましょう。
効果が弱い、効果が強すぎるといった場合には、ピルカッターなどで分割をして自分の適量を見つけましょう。